-->

仙人さんの箸づくり体験

ホーム > 箸づくり体験

杉の舎流、里のおもてなし。仙人さんの箸づくり体験。

 世界自然遺産の島、屋久島。だからといって自然を楽しんでもらうだけでいいのか。屋久島に生まれて、屋久杉でもの作りを始めて30年。杉の舎はずっと「里でのおもてなし」を考えてきました。

 そうしてやっと出会ったのがこれ。 屋久島の旅の思い出に、仙人さんの箸を作ってみませんか。

 もの作り。それは子供から大人まで、誰もが持つ人間の本能。 仙人さんの箸づくりは千年の屋久杉素材を削って、触れてみて、五感で楽しめる体験です。 職人にしかできない「手から伝える」屋久島を感じてください。

木取り

 大きなブロックから木目にそってなたで割っていきます。曲がった木目なら曲がった形に、まっすぐな木ならまっすぐな箸になります。一般に杉は割れやすいのですが、屋久杉は割りやすい木とそうでない木があります。
 仙人さんの箸はきれいに割れる木を選んで使います。手頃な太さの2本の棒になるまで割ります。

木取り

乾燥

 木取りをしたら乾燥。木取りしたては水分を多く含んでいるので、2~3か月乾燥させます。
 この乾燥の工程が木工で一番難しく、時間がかかる部分かもしれません。

乾燥

削り

 素材が乾燥したら、のみで先のほうを細くしてお箸の形にしていきます。仙人さんの箸はふつうの箸と違ってなたで割った面がお箸をそろえたときにぴったり合わさるので、一膳ずつペアで扱います。
 一膳のうち片方がなくなってしまうと二度と合わさるものはでてこないのです。

削り

磨き

 形を削りだしたら、うずくりで磨きます。うずくりとは茅(かや)の根っこを束ねたもので、桐だんすなどを磨くのに使われます。
 これで磨くと木目がくっきり浮き出て、さらに屋久杉の油がにじんできてつやがでるのです。

磨き

完成

 以上の行程を経て完成です。
 木の流れそのまま。少々使いにくいのはご愛敬。使いにくさも楽しんでいただければ、より屋久杉の魅力が実感できます。

完成

道具たち

 なた、のみ、うずくり。仙人さんの箸はすべて手作業で作ります。道具の手入れも職人の大切な仕事です。お客様には削りと磨きの工程を体験していただきます。一膳一膳曲がりや木の質が違うので、何膳作ってもいつも新鮮な楽しみがあります。本店、仙人村のいずれでも体験できます(要予約)。

道具たち

箸づくり予約電話

杉の舎 本店 0997-43-5441
杉の舎 仙人村 0997-42-1006

完成

杉の舎(すぎのや)について

屋久島空港徒歩1分、銅葺きの屋根が目印。

屋久島空港徒歩1分、銅葺きの屋根が目印。

空港から徒歩1分のところにある杉の舎の本店。屋久杉工芸品の製造、直売と箸づくり体験をしています。屋久島の旅の途中に、どうぞお立ち寄りください。銅葺きの屋根が目印です。(営業時間:9:00~17:00)
おみやげ品から、他店では見られないような工芸品まで

おみやげ品から、他店では見られないような工芸品まで

屋久杉工芸屋さんにもそれぞれ得意な分野があり、杉の舎は自然の造形をいかした作品、ろくろを使った作品と小物が主力です。おみやげ品から、他店では見られないような工芸品まで、さまざまな作品を作っています。
箸づくり体験(仙人さんの箸)

箸づくり体験(仙人さんの箸)

屋久杉のゆらぎをそのままお箸にした「仙人さんの箸」を自分でつくってみませんか。職人が丁寧に指導いたしますので、中学生から、「のみ」を握れればどなたでも作れます。事前に電話でご予約ください。詳細はこちら

アクセス

屋久島空港から徒歩1分。
宮之浦(みやのうら)、安房(あんぼう)からそれぞれ約10㎞、
どちらからでも車で15分くらいの距離です。
〒891-4207 鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田(屋久島空港前)